ぼくチャン!!(ぼくチャンネル)

三線弾いたり、タロット占いやったり、ラジオのパーソナリティやったりしている ぼくなおしのやってること、思ってることなんかをつらつらと書いてます

ライブ情報

和太鼓奏者・田村幸崇さんのライブで三線弾かせていただきます。
どんな感じになるのか今から楽しみです♪
6/11(土)のラジオでは、田村さんがゲストでお越しいただきます。

日にち:6月18日(土)
開場:18:30
開演:19:00
料金:2,500円(1D付)
会場:珈琲淹 REFINED(札幌市白石区菊水8条2丁目1-35)
出演:田村幸崇(和太鼓)、朴直(三線)
ご予約・お問合せ:珈琲淹リファインド(011--825-9461)

13348713_925964654182939_1651686479_n

作曲家で絵本の歌がたりをしている綾部潤和さんとのユニット「jun-boku」

潤和さんの「jun」と朴の「boku」。
純朴な二人とはいいがたいのですが、
絵本の歌がたりと三線のライブを定期的に行っています。

その名も「童詩(わらびうた)」です。

絵本の読み聞かせというのは、よく聞きますよね。
でも、作曲家の綾部さんだからこそできる歌がたり。
いつもの絵本に音楽がついて、物語の世界がさらに広がります。

その後は、朴の沖縄三線がつづきます。
ゆるーり、ゆるりと沖縄の優しい風に乗るように、
聞いてる方が眠ってしまうような雰囲気の曲を中心に歌ってます。

最後は「へいわってすてきだね」という沖縄のお話を
歌と絵本と三線で歌い上げます。

ご興味のある方は、お問合せフォームからぜひお問合せください。

【綾部潤和】
作曲家。1991年より舞台音楽の制作をはじめ、札幌市内の劇団の音楽を多数担当。他にYOSAKOIソーラン祭りや写真映像の音楽、合唱曲などジャンルを問わず作曲している。昨年3月より朗読と音楽のコラボレーション「音・語り」シリーズを企画。ライフワークで絵本の歌がたりも行っている。

【朴直】
1973年札幌出身。1997年より10年間沖縄で暮らす。タウン情報誌記者として様々な視点から沖縄に触れる機会を得る。沖縄の弦楽器「三線」を遊び感覚で弾きはじめ、2011年には、フェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」で、1stライブを行う。素朴で素直な様をさす朴直の名のように、真直ぐで心温まる音楽を届けようと日々奮闘中。

11692568_1659249524307457_2997315443262984300_n

↑このページのトップヘ