ぼくチャン!!(ぼくチャンネル)

三線弾いたり、タロット占いやったり、ラジオのパーソナリティやったりしている ぼくなおしのやってること、思ってることなんかをつらつらと書いてます

ゆんたくひんたく(おしゃべりコーナー)

2016(平成27)年は申(さる)歳。
琉球諸島には、なぜか猿がいません。
日本の猿は、ニホンザル。
北海道と沖縄には、いない猿です。
そして、台湾にはタイワンザルがいます。
種類としては別ですが、なぜか琉球諸島のみスッポリと猿がいないのです。
ネットで調べた限りでは、その理由を知ることができませんでした。

琉球王国の時代は猿が縁遠いものであったようで、
中の悪い様子も「犬猿の仲」ではなく
「犬と猫(イントゥマヤー)」という言葉になっています。

しかし、沖縄も干支の十二支は生活に根ざしているので、
当時から猿の存在は知っているようです。

ところで、皆さんは十二支全て言えますか?

子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・
午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)

ですね。

沖縄ではなんと言う言い方になるのでしょうか?
調べてみると・・・

ニー・ウシ・トゥラ・ウー・タチ・ミー・
ウマ・フィチジ・サル・トゥイ・イン・イー
※違いをわかりやすくするために、平仮名と片仮名に分けました

「さる」は「サル」のままのようですね。
一文字の「ね」「う」「み」「い」は、「ネー」「ウー」「ミー」「イー」と伸びてます。

「たつ」は、「タチ」になっています。
沖縄のお正月に流れる曲「瀧落管攪(タチウトゥシスガチ)」という曲でも「タチ」を
使ってますね。

最後の「トゥイ・イン・イー」は、香港の女優さんにいそうな感じしません?
自分の勝手な解釈なんですけど。

こうして読み比べをすすめていくと、沖縄語(うちなーぐち)と日本語(やまとぐち)が、
同じ言語圏にいることが分かりますね。十二支

いい正月(そーぐぁち)でーびる!
新年明けましておめでとうございます。

昨年は、自身の三線活動も広がりをみせ、
ライブ活動やサークル活動も充実したものとなりました。

その一方で、ライブでの表現力やサークルでの指導力など、
課題が多く見つかった年でもありました。

今年は、鍛錬を重ねる年としていきます。
自分の地力を信じて、一歩一歩前進していきます。

このサイトもさらに充実したものとなるよう、
更新をつづけていきますね。

illust469

↑このページのトップヘ