ぼくチャン!!(ぼくチャンネル)

三線弾いたり、タロット占いやったり、ラジオのパーソナリティやったりしている ぼくなおしのやってること、思ってることなんかをつらつらと書いてます

ゆんたくひんたく(おしゃべりコーナー)

白面の者、現る!

漫画「うしおととら」に出てくる最大の敵「白面の者」のように見える雲。
きゃつは、人々や妖怪達に絶望を与え、それを自らの糧としていたけど、この雲は怪しさの中に美しさと儚さを映し出していました。

思わず写真を撮ってみたけど、写真だとわかりにくいですね。
実際は、もっと広がりがあって、色彩も豊かで、本当に美しかったんですよ~。

image

hakumen


注意欠陥・多動性障害の可能性アリ?

注意欠陥・多動性障害の傾向があるのではないと、以前から思っています。

・集中力がつづかない
・家を出るときほとんどと言っていいほど忘れ物をする
・簡単な計算ができない時がある
・じっと椅子に座ってられない
・急にやる気がでて、衝動的に活動する時がある
・綿密で計画性を伴う作業をすると落ち着かなくなる

と、言うわけでネットでチェックをやってみました。
19の項目の内15個あてはまりました。

・学業、仕事、またはその他の活動において、しばしば綿密に注意することができない、または不注意な過ちをおかす

・課題または遊びの活動で、注意を持続することがしばしば困難である


・直接話しかけられたときに、しばしば聞いていないように見える


・しばしば指示に従えず、学業、用事、または職場での義務をやり遂げることができない


・反発しているとか、理解できないということではないにも関わらず、指示に従うことができず、学業や用事、職場で与えられた仕事をやり遂げることができない


・課題や活動を順序立てることがしばしば困難である


・学業や宿題などの精神的努力の継続を要する課題に従事することをしばしばさける、嫌う、またはいやいや行う


・おもちゃ、学校の宿題、鉛筆、本、道具など課題や活動に必要なものをしばしばなくす


・しばしば外からの刺激によって容易に注意をそらされる


・しばしば毎日の活動を忘れてしまう


・しばしば手足をそわそわと動かし、またはイスの上でもじもじする


・しばしば教室や、その他、座っていることを要求される状況で席を離れる


・しばしば不適切な状況で、余計に走りまわったり、極端に落ち着かない感じになる


・しばしば静かに遊んだり、余暇活動につくことができない


・「じっとしていない」またはまるで「エンジンで動かされるように」行動する


・しばしばしゃべりすぎる


・しばしば質問が終わる前にだし抜けに答えてしまう


・しばしば順番を待つことが困難である


・しばしば他人を妨害し、邪魔する

最後の4つが当てはまらない行動だけど、小さい頃はこれらもあった気がします。

対人関係で悩むことはあまりないけど、事務処理や継続した作業は本当難しいです。
段々混乱してくるんだよねぇ。

それを理解できてる分、苦しんでしまいます。
(根性がないだけではないか?)(病気を理由に逃げてるだけじゃないか?)と思ってしまいます。
実際そうなのかも知れないしね。

文章を書いている時でも、頭の中で次々と言葉や思いが溢れてきて、何を書いたらいいのか分からなくなることがよくあります。

常に自分の中に相対する自分がいるので、何かを主張しようとすると、それに対するアンチテーゼも自分の中で発生して、収集がつかなくなり、結局書かないこともしばしばありました。

今回は、気合ではなく技術として継続力をつけられるかチャレンジしているので、敢えて文章の構成を考えずにブログを書いているけど、いつもだったらとっくに頓挫していると思います。

訓練を行えば、解決できる問題なんだろうか?
一回、ちゃんと診断受けに行ってみようと思います。

何事かをなす覚悟はあるか!!・・・ないです

 続きを読む

金縛り!?そんなん、もう慣れたわ!

先日『また』金縛りにあいました。
ふた月に一回はなってるんじゃないでしょうか。

もうね、無理に金縛りを解こうとしない。
なんなら、そのまま寝ちゃうくらいの勢いです。

初めての金縛りは、中学2年生。
上からぐっと押さえつけられるような感覚で、身動きは当然取れなくて、息苦しさも感じました。
当時は今よりも霊の存在を信じていたので、かなり恐怖感を味わいました。

体に力を入れようとすると、却って体が硬直して、さらに息苦しくなり、ようやく開放された時は、朝まで眠れなかったような記憶があります。

が、人間何度も同じ経験をすると、慣れてくるものなんですね。

力を抜くタイミングを覚えると、すっと体が動くようになります。
声もでないはずですが、声じゃない声の出し方も覚えました。
「うー」とか「あー」とかじゃなくて、「ほわぁー」って感じだとなぜか声が出ます。
そして、さっきも書いたように、息苦しさがなければ、そのまま寝れるようにもなりました。

たまに、なんかの物体が布団の上から押さえつけている感覚もありますが、気のせいということにしています。
はっきり言って、霊よりも強盗の方が怖いです。

それでも、霊感の強い人は、大変なんだろうなと思うことはあります。
自分でも(もしかしたら霊なのかな?)と、思うときもありますからねぇ。
それとも自分の金縛りのように、彼(女)らも、段々慣れてくるのかなぁ?

さて、今日はブログも書けたし、ゆっくりと寝るとしようかな。

では、したっけね~。

人生に未練を残して死にたいもんじゃのぉ

毎日幸せに生きているけど、「生」への執着がなかった時期があります。
むしろ「死」への憧れ・・・じゃないな、「死んでもいいかな」と思って過ごしてた時期がありました。

以前、いきなり激しい頭痛が襲い、意識が遠のいたことがありましたが、その時も「あぁ、もう死ねるなぁ」と妙な安堵感がありました。

結局何事もなく、こうして生きていますが、今は「あの時死ななくて良かったな」くらいには思ってますよ。

でも、まだ、積極的に「生き抜くぞ!」という気持ちには達してないかなぁ。
友達とも「もっと、この世を楽しもう」と言ってはいるのだけど、そこまでには至らずですね。

とんちでおなじみの一休さんのモデルになった室町時代の僧侶、一休宗純。
死に際に「死にとうない」と言ったとか言わなかったとか。

自分もそんな生き方がしてみたいなぁ。

Portrait_of_Ikkyū_by_Bokusai
(決して、歌手のマッキー(槇原敬之)ではありません。)

ギャラリー
  • 7ヶ月で10Kgの減量に成功!
  • 7ヶ月で10Kgの減量に成功!
  • 7ヶ月で10Kgの減量に成功!
  • 恵庭三線サークルに笑顔の伝道師現る!
  • この世に生まれた奇跡
  • シャコ甘し旨し!
  • 三線の楽譜「工工四(くんくんしー)」
  • 懸垂ができないのです
  • ミヤマツツジ(深山躑躅)
トップへ戻るボタン