倉本聰さんが脚本のドラマ「やすらぎの郷」がはじまりました。
シルバータイムドラマ枠として、テレビ朝日が新設した時間帯ですが、ちょうど昼休みなので見続けようと思います。

「いいとも」が終わったときに、テレビのバラエティ番組の終焉を勝手に感じていました。
この「やすらぎの郷」もテレビのドラマ番組の終焉なのかなぁ。と、勝手に感じています。

コミック好きだから、コミック原作のドラマや映画もいいけど、テレビ局で創りだす本気のドラマって最近みかけない気がします。
まぁ、あまりテレビ見ない人だから、実際はわかりませんけどね~。