ぼくチャン!!(ぼくチャンネル)

三線弾いたり、タロット占いやったり、ラジオのパーソナリティやったりしている ぼくなおしのやってること、思ってることなんかをつらつらと書いてます

2016年09月

終電降りた後で盗撮行為を見つけたら、面倒な事になった(後編)

盗撮してましたよね?


「すいません。今、 盗撮してましたよね?」
僕が声をかけるなり、男性の顔色が変わるのがわかりました。

「間違えてたら、本当に申し訳ないけど、さっきのあなたの行動を後ろから見てました」
「今、警察を呼びますので、カメラは触らないでください」

自分の声が震えてるのがわかります。
間違えてたら、こっちが訴えられるかもだし、相手が逆ギレして攻撃してきたら勝てる自信ないですから。

しかし、彼は動揺を隠さず、「あ」とか「う」とか言いながら、目を泳がせるだけでした。

(よし、完全にクロだ。)
そう、確信した僕は110番通報。

やや間があってから

「すみません。酔った勢いでやってしまいました」

彼が僕の後ろの方へ向かって謝りだしました。

(???)

後ろを振り返ると、隠れてたはずの女性が仁王立ち!

(えぇー、隠れてって言ったよね?ホント危ないから!顔覚えられたら後々やばいかもでしょー)

と、心の中で突っ込むも、怒り心頭の彼女から立ち込めるオーラがハンパなかったので黙ってました。

数分後に警察がやってきました。
彼は先にパトカーで警察署へ。

僕と女性は現場検証を行う予定が、終電も過ぎていたため、地下鉄への通路は閉鎖。
結局翌朝に持ち越しとなりました。

警察署で事情聴取を受ける(僕が)


その後、警察への同行を求められ、これも善良なる市民の役目と思ったのが、面倒のはじまりでした。
この時点で深夜1時を回っており、酔いはさめているものの眠くてしゃーない。

警察署の事務所で話でもするかと思いきや、取調室へ案内されました。
(旦那ぁ、こちとら通報者ですぜ。なんでこんな目に合わなきゃいけねぇんですかい?)
と、思わなくもなかったのですが、話のネタになると思い刑事さんの後について行きました。

四畳半ほどの部屋は、音楽室にあるような穴の開いた白い壁。
蛍光灯の光が寂しげに光っています。
部屋の奥には、グレーの机を一つ挟んで、椅子が向かい合わせに置かれていました。
入り口側には、もう一つ小さな机と椅子。

机の上には電気スタンドはなかったです。

無機質な感じの部屋で、若いイケメンの刑事さんから事情聴取を受けます。

まずは自分の身分照会から。
今後のために自分の身元ハッキリさせなきゃいけないのはわかりつつも、ちょっと納得がいかなかったです。

眠気もあってか不機嫌さが態度に出てたのでしょう。
イケメン刑事が(お時間もとっている上にすみません)という丁寧な態度で接してくれたので、気を取り直して話をつづけました。

「犯人の特徴」、「犯行時の様子」、「犯人・被害者とは面識があるか」みたいなことを聴かれました。
事細かに聴取した内容を記していくイケメン。
所々漢字を間違えているイケメン。

事情聴取が終わったのは、草木も眠る丑三つ時(二時)を回った頃でした。
翌日(というか当日)は、朝の8時に現場へ向かうことになり、パトカーで自宅まで送ってもらったのでした。
 

俺は犯人じゃないっつーの!

朝、眠い目をこすりつつ、現場へ。
被害者の女性は、すでにそこに居ました。

彼女も昨夜の内に警察で事情聴取を受け、帰宅は二時を回っていたとの事。

「なんか、余計なことしちゃったみたいですみません」

謝る僕に、彼女は自分にも隙があったので、声かけてもらってよかったと言ってくれました。
そして、今後は夜遅くなるときは、親に迎えに来てもらうようにするとも言ってました。

昨夜は怒りのあまり隠れずに出てきてしまった事、昨日酔っていた事や、以前痴漢にあった事についてもこの時に聞きました。

やがて、警察官がやってきて現場検証開始。
当然犯人は来るはずはなく、僕、彼女、警察官三名(内一人は女性)の五名でした。

エスカレーターは動いているので、併設する階段を使用しての検証。
どれくらいの位置で、どのような行動をとっていたかを伝えながら、写真撮影。
顔は映らないように撮ってましたが、これ僕が犯人っぽく見えなくもないスか??

通勤・通学時間のため、階段を行き交う人の目もなんだか冷たく感じられます。

(いやいや、俺は犯人じゃないっつーの!)

後で考えてみたら、警察官A(男性)が犯人役で警察官B(女性)が被害者役で、もう一人が撮影すればいいことでは??と、思いました。

なんやかんやで30分ほども過ぎたでしょうか。
被害者の女性が仕事があるということで、現場検証終了。
彼女は、地下鉄へと向かったのでした。
自分は、この日休みだったため、家に帰って二度寝をしたのでした。

ちょっとした義侠心で、通報したけど面倒な・・・

善良なる一市民としての責務を果たし、彼女の中で防犯意識が芽生えた事に安堵を覚え、犯罪を犯してしまった彼が更生することを願うばかりです。







その時に知り合った彼女が、今、隣でこの記事を読みながら、

(あの時そんな風に思ってたんだ)

と、笑っています。







なんて、そこまで都合のいい話がある訳ねーだろっ!!

彼女の名前も連絡先も知らねーよっ!!

l_298
では、したっけね~。

終電降りた後で盗撮行為を見つけたら、面倒な事になった(前編)

おいおい気づいてねーぞ

数年ほど前。
地下鉄の終電に乗り、酔ったまま駅を降りた後の話。
トイレでゆっくり用をすませてから通路にでると、周りに人影がないことに気づき、慌てて出口に向かいました。
恐らく最後の客だったのでしょう。

出口には、少し長めのエスカレーターがあります。
前方を見上げると、エスカレータの中段辺りで、サラリーマン風の男性がかがみ込んでいました。
彼も同じように酒に酔って、具合が悪くなったのかなと思っていましたが、どうも様子がおかしい。
右手を前方に差し出して微動だにしません。

男性のさらに前には、ミニスカートを履いた女性が立っていました。

なんとその男性は、スマホを使って、盗撮をしていたのです。

多分、彼は自分こそが最後の客だと思ったのでしょうね。
ぼくの存在には全く気づかず、女性の足元を覗き見していました。

後で分かったのですが、この時女性も少し酔っていたようで、耳にはイヤホンつけていたため、男性の存在に全く気づかなかったそうです。


盗撮されてましたよ。警察呼びますか?

咳払いの一つでもして、男性にぼくの存在を教えようかと思いましたが、少し離れていたこともあり、ほどなくして 二人は出口に着き、左右に分かれました。

一気に酔いが醒めたぼくは、エスカレータを駆け上り、男性を姿を確認。
彼は、酔っていたのか、今盗撮した画像をみているのか、スマホの画面を見ながら、ゆっくりと歩いています。

反対側に向かって歩く女性に声をかけるか一瞬躊躇したものの、すぐに行動にでました。

「すいません」

女性はまず僕の声に驚いてイヤホンを外しました。
いや、まぁ、驚くの当たり前だよね。

しかし、ここは、ぼくの超(スーパー)コミュ力を発動させます!!

「突然ごめんね。」
「今エスカレータであの男の人に盗撮されてましたよ。気づいてました?」

できるだけ怪しまれないように、ゆっくりと丁寧に話しかけます。
そして、ぼくは少し離れたところにいる男性に気づかれないように、彼を指差しました。
女性はさらに驚いた顔をしながら、首を横にブンブン。

「今から、警察呼びますか?呼ぶなら、自分が電話かけますよ」

とっさの申し出にも関わらず、彼女はすぐに

「お願いします」

と強く言い切りました。

これまた、後から聞いた話ですが、彼女は以前電車内で痴漢にあったことがあって、その時に何も声をだせなかった自分に悔しい思いを抱いていたそうです。

「わかりました。じゃあ、自分が今からあの人に声かけてくるから。そこに隠れてて」

彼女がうなずくと、ぼくは男性に向かって足を進めたのです。

つづく

ダメ盗撮

ぼくの事件簿

ブログを再開(引越し?)して、一ヶ月。
もうネタが尽きてきてしまったので、思案中・・・

いや、ネタはあります。
割と多めに。

三線のこと、タロット占いのこと、札幌のこと、沖縄のこと。
それこそ、ブログタイトルの「人(ヒト)」「処(トコ)「事(コト)」「友(トモ)」のこと書けば、ネタが尽きるなんてことはないのです。

しかし、それを読んでいただける文章にする自信と気力がないなぁ。

それでも、伝えたい思いはあるので、次回から「ぼくの事件簿」でも書いていこうと思います。

1:
2:

では、したっけね~。

 

追記:
「ぼくの事件簿」だと、まるでぼくが事件を起こしたみたいな書き方だと気づいた。
でも、それはそれで面白いから、カテゴリはそのままにしておきます。あ:

三線ライブまで、あと一週間

筝の猪口 雅楽佳衛さんと練習

三線ライブまであと一週間となりました。
筝(こと)でご一緒していただく猪口 雅楽佳衛(いのくち うたかえ)さんと合わせを行いました。

以前、猪口さんのライブでご一緒させていただいて、二回目の共演となります。
練習時間は短めでしたが、集中して充実した合わせとなりました。筝の流れるような音色と、三線の優しい音色が重なり、ゆったりと聴いていただける曲をやりますので、お楽しみにしてくださいね。

 猪口 雅楽佳衛(いのくち うたかえ)
生田流箏曲
公益財団法人正派邦楽会 師範。

7歳から箏を始める。
1995年准師範免許取得。
2003年師範昇格。
現在、札幌市で演奏活動を行う他、市内の公立高校にて箏や三弦の指導をしている。

14182375_856374187826880_1288748842_n

三線ライブ「歌てぃ遊ばな(歌って遊ぼう)」

三線ライブ「歌てぃ遊ばな(歌って遊ぼう)」
◆とき◆
 9月11日(日)会場19:00 開始19:30
◆ところ◆
 フリースペース&カフェ アミカ (札幌市西区琴似2条3丁目1-10 共栄ビル4F)
◆出演◆
 ぼく なおし(三線)、綾部 潤和(絵本の歌がたり)、田村幸崇(和太鼓)、猪口 雅楽佳衛(筝)
◆料金◆◆
 2,500円(ワンドリンク付き)中学生以下無料(要ワンオーダー)
◆問合せ
 090-6856-3216(ぼくなおし)
 ninufabushi704★gmail.com (★を@に変換してください)

りっかりっかサタデー2016-09-03

今日の「りっかりっかサタデー」は、沖縄での台風の過ごし方についてお話をしました。



image
ギャラリー
  • 7ヶ月で10Kgの減量に成功!
  • 7ヶ月で10Kgの減量に成功!
  • 7ヶ月で10Kgの減量に成功!
  • 恵庭三線サークルに笑顔の伝道師現る!
  • この世に生まれた奇跡
  • シャコ甘し旨し!
  • 三線の楽譜「工工四(くんくんしー)」
  • 懸垂ができないのです
  • ミヤマツツジ(深山躑躅)
トップへ戻るボタン